友人が計画的にできる人。

友人の体験談の話しですが、カードローンは油断すると大変なことになるということが、わかりました。

私の友人は、若い頃から現金をほぼ持たず、カード払いをしていました。 

そして、車を買い換えるか何かで、カードローンをすることになりました。

私は内心、カードローンが出来なくなればいいのに、と思ってしまいました。

それは、友人のこどが心配だからです。

カードローンは、きちんと計画的に使う人にとったら、とても良いものだと思います。

カードローンで勘違いはだめよ

カードでローンを組むことは、非常に危険なかんじがします。何せ、お金がなくてもカードを出して、署名するだけなんですから。そこに歯止めが止めることができるかどうかで、大変な事になるか、それともこれからも、へいへいぼんに暮らせるかが、分け目になると思います。確かに大きな買い物も、ローンという形で程なく自分の物になるんですから、車だって、いえだって!恐ろしいのでしっかり現実を受け止めながら、組むしかないと思います。

知人の夫から学ぶ、お金の使い方

知人のの夫がキャッシングローンを幾つも掛け持ちし、自己破産寸前であると聞きました。初めは気軽な気持ちですぐに返済できると思い、手を出したと言っていました。そのうちに返済できるから大丈夫、と自分に暗示をかけるようになり、気づけば返済に10年近くもかかるような金額に膨れ上がっていたそうです。返済に充てるためにまた違うところで借りる、そういった自転車操業のようなことも稀ではなかったと聞きました。私はキャッシングローンを借りた経験はありませんが、持論としては、1000円のものを1500円、2000円で買うようなものだ、と思っています。自分の持っているお金でやりくりし、与えられたお金の範囲内で買い物したり、生活基準を考える事が、人間として当たり前のことではないでしょうか。

・専業主婦がお金を借りる方法 - 内緒で即日融資可の銀行カードローン【主婦用借入完全ガイド】
・http://xn--t8jd1qe7a1809a50cj81a5jd2r7ayjjijksh5j.net/
主婦 お金 借りる